So-net無料ブログ作成
検索選択

潜在記憶と学習効果 [記憶の特徴]

人間には潜在記憶というものがあります。意識には上らないけれども記憶に残っていることが、どうも大量にあるようです。つまり、忘れてしまったと思う事でも、実は記憶の痕跡があるのです。


『忘れてしまった』というのには、いくつかのレベルがあります。


問いに対して自発的に思い出せることを「再生」、
問いと答えを示されて正誤を答えられることを「再認」
と言います。


実は、「再認」すらできないほど忘れてしまった事でも、本当に記憶がゼロになるわけではない様なのです。


その証拠に、「再認」できなかった事を再度学習すると、以前より短時間で記憶できるのです。これは、実験的に確かめられています。


要するに、何がしかの記憶が潜在的に残っているんですね。


この知見からわかることは、勉強したことを忘れてしまっても、それは次回再学習するときに役立つ、ということです。


 


タグ:潜在記憶
nice!(0) 

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。